東海大学大学院 医学研究科

受験を希望される方へ 入試情報

大学院在学生向け

教職員向け

臨床研修部医学部付属病院東海大学

伊勢原図書館総合医学研究所伊勢原キャンパス

研究科長メッセージ

教育目標・沿革

教育体制

先端医科学専攻(博士)

医科学専攻(修士)

学費・奨学金・支援制度
文部科学省採択事業 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 2015年度採択

総合臨床研究センター

疾患モデル基礎研究センター
s
再生医学センター

がん幹細胞研究センター

脳・神経疾患研究センター

ライフケアセンター

代謝疾患研究センター

マトリックス医学生物学センター

分子環境予防医学センター

ゲノム多様性解析センター

運動器先端医療研究センター

採択事業

私立大学戦略的研究基盤形成支援事業(2015年度)



私立大学戦略的研究基盤形成支援事業(2012年度)



科学技術振興調整費採択事業



採択事業実績

Q&A

Link



医の倫理委員会



The Tokai Journal of Experimental and Clinical Medicine




お問い合わせ・資料請求

アクセスマップ

ご利用案内

代表者 稲垣 豊 教授
 
臓器線維症とは、コラーゲンをはじめとする細胞間物質(マトリックス成分)が過剰沈着し、臓器の機能不全をきたした病態です。現在わが国において最も対応が急がれている、がん、糖尿病、高血圧症や高脂血症による循環器疾患、慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの生活習慣病の罹患臓器には線維化病変が共通して認められ、線維化を制御することはこれらの疾患の進展予防に直結する重要戦略と位置づけられています。全身臓器における線維症の病態や進展機序には多くの共通性があり、その統一的理解は共通の予防・治療法の開発に繋がりますが、これまでわが国では臓器線維症の系統的研究を行う施設は皆無でした。

本研究プロジェクトは、臓器線維症について臓器横断的な研究を行うわが国における唯一無二の研究拠点を形成し、多彩なバックグラウンドを有する研究者と臨床医が系統的研究を推進することで、最終的に臓器線維症の診断・予防・治療法の開発に繋げることを目的とします。臓器線維症を引き起こすメカニズムを解き明かし、診断と治療に役立てるための拠点整備を行いました。また、学内外から多数の大学院生や研究員を積極的に受け入れ、この分野における若手研究者の育成にも努めています。

具体的な研究計画としては、初めの2年間でヒトiPS細胞やゲノム編集技術を用いて臓器線維症の病態を解明するためのモニタリング細胞や線維化可視化マウスを作製するとともに、抗線維化効果を効率よく評価するスクリーニング系を構築します。次いで、2018年度をめどに、線維症の診断に有用なバイオマーカーの探索や新規治療法の開発を目的とする基礎実験を実施し、さらに事業最終年度となる19年度には基礎実験で得られた有用な診断マーカーと新規治療法について、医学部の総合臨床研究センターと連携して、臨床試験を目指しています。

 
  ▲このページのトップへ
東海大学大学院 医学研究科 伊勢原キャンパス 〒259-1193 神奈川県伊勢原市下糟屋143 Tel.0463-93-1121(代)
Copyright (C) Tokai University, Graduate School of Medicine.