東海大学大学院 医学研究科

受験を希望される方へ 入試情報

大学院在学生向け

教職員向け

臨床研修部医学部付属病院東海大学

伊勢原図書館総合医学研究所伊勢原キャンパス

研究科長メッセージ

教育目標・沿革

教育体制

先端医科学専攻(博士)

医科学専攻(修士)

学費・奨学金・支援制度
バイオ研究医療センター 脳・神経疾患研究センター

総合臨床研究センター

再生医学センター

がん幹細胞研究センター

脳・神経疾患研究センター

ライフケアセンター

代謝疾患研究センター

マトリックス医学生物学センター

分子環境予防医学センター

ゲノム多様性解析センター

疾患モデル基礎研究センター

採択事業

がんプロフェッショナル養成プラン



私立大学戦略的研究基盤形成支援事業(2015年度)



私立大学戦略的研究基盤形成支援事業(2012年度)



科学技術振興調整費採択事業



採択事業実績

Q&A

Link



医の倫理委員会



The Tokai Journal of Experimental and Clinical Medicine




お問い合わせ・資料請求

アクセスマップ

ご利用案内


  本センターの主たる研究対象である筋萎縮性側索硬化症(以下ALSと略)は、上位および下位運動ニューロンの選択的変性を特徴とする神経難病で、未だその有効な治療法・治療薬は開発されていません。

本センターでは、2001年に遺伝性ALSの原因遺伝子として"ALS2遺伝子"を発見し、その遺伝子産物(ALS2)の分子機能解析及びマウスモデルを用いた研究により、ALS2がオートファジー・エンドリソソーム系の調節因子であることを世界に先駆けて明らかにしました。さらに、基礎研究部門と臨床グループが密接に連携した研究体制のもと、これまでにALSの治療薬となり得る候補薬を複数発見するという成果もあげてきました。

しかし、現在、ALSをはじめとする神経変性疾患の多くは、未だその発症メカニズムが全面的に解明されているとはいえず、今後さらに深化した基礎研究が必要とされているのも事実です。本センターでは、臨床、生物学、薬学、化学の領域と融合した有機的な研究体制、さらに工学部との連携のもと、神経変性疾患の特異的な発症メカニズムの解明に力を注ぎ、さらに次世代に向けて治療法・治療薬への展開を目指しています。

具体的には、分子生物学的、生化学的、細胞生物学的、及び遺伝子改変マウスを用いた実験動物学的手法を駆使することにより、オートファジー・エンドリソソーム系調節因子の分子機能解析、神経細胞における膜・物質移送機能、及び異常タンパク質の蓄積・分解についての解析を進めています。さらに、患者由来の人工多能性幹細胞(iPS細胞)や、マイクロ流体デバイスを用いた疾患発症メカニズム及び治療法に関する研究も行なっています。
  秦野伸二 教授
  ▲このページのトップへ
東海大学大学院 医学研究科 伊勢原キャンパス 〒259-1193 神奈川県伊勢原市下糟屋143 Tel.0463-93-1121(代)
Copyright (C) Tokai University, Graduate School of Medicine.