看護学科
卒後の進路 看護のプロフェッショナルとして社会に貢献
看護学科の卒業生は国家試験合格の後、看護師・保健師の国家資格を有し、大学病院・一般病院・市町村保健センター・保健所・看護系教育機関などで活躍しています。

[国家試験対策]

看護学科では、国家試験に向けて対策講座や模擬試験の企画・運営をして全員合格を目指しています。
講座は早期から学習の動機づけが得られるよう、たとえば秋に行われる対策講座では、多くの学生がつまずきやすい解剖・病態生理や疫学統計を復習し、授業で学んだことの理解を進めます。
また、模擬試験結果は指導教員による面談にも活用し、学生が安心して計画的に学習できるよう学科全体で支援をしています。

[取得できる資格]

● 看護師国家試験受験資格(予定)
● 保健師国家試験受験資格(予定)
 ※学内選抜による定員制、所定科目を履修し単位を修得した者
● 養護教諭一種免許状(予定)

以下の資格は保健師の免許取得によって、申請手続きのみで取得できます。
養護教諭二種免許状
第一種衛生管理者免許証
注1:保健師国家試験受験資格と養護教諭一種免許状の両方を取得することはできません。
注2:養護教諭免許状は、小学校・中学校・高等学校の区別はありません。
注3:養護教諭二種免許状取得の際は、「日本国憲法」の修得が必要です。
東海大学医学部付属八王子病院
入職1年目(※取材当時)
平木 美玲
(2017年3月卒業)
勉強にもキャンパスライフにも
全力投球した4年間。きめ細かな
指導体制が、看護師としての今を支える
看護師になるための勉強は、実習を含めてとても大変だとわかっていたので、大学生としての時間も大切にできるよう、4年制の大学を選びました。4年次までバドミントン部での活動を続け、アルバイトも少しだけ経験し、盛りだくさんの学生生活でしたが、さらに、保健師の資格取得も達成することができました。看護師、そして保健師の資格を取得できたのは、手厚い国家試験対策の指導体制のおかげです。看護師としてのスタートを切ったばかりですが、勤務する病棟には大学の先輩も多くいらっしゃるので、とても心強いです。
東海大学医学部付属病院
入職3年目(※取材当時)
植田 彩海
(2015年3月卒業)
幅広い視野を培う機会にもなった
他の学部との交流
総合大学のスケールメリットを実感
総合大学である東海大学は他学部との交流を図れる点で、他の看護系大学とは大きく違っています。1年次の教養科目で、近くの湘南キャンパスで他学部の学生と一緒に「現代文明論」や「英語科目」を受講したことが新鮮な刺激となり、視野を広げるきっかけになったと思います。混合病棟で3年目を迎え、後輩の指導や病棟内の係のリーダーなどの役割が増えてきましたが、自分自身のために、学生のときから興味を持っていた糖尿病看護の領域で、より専門性を高めたいと考えています。具体的には、まず「糖尿病療養指導士」の資格取得を目指して勉強中です。
東海大学医学部 医学科・看護学科
Tokai University School of Medicine
Copyright © 東海大学医学部. All rights Reserved.