医学科
教育計画部長 message 東海大学医学部医学科が目指す「良医育成」
東海大学医学部
メディカルサイエンスカレッジ
(伊勢原教育計画部)部長

専門診療学系 耳鼻咽喉科
頭頸部外科学 教授
濵田 昌史
東海大学医学部医学科は、開設以来、常に「科学とヒューマニズムの融和」の精神に基づき、「良医」の育成に努めてきました。時代とともに、医療は目覚ましい進化を続けておりますが、生涯学び続けようとする気持ちと実践力を身につけ、常に最新の医学の専門知識・技術を備え、患者さんはもちろん、さまざまな職種の医療スタッフとも綿密なコミュニケーションを図りながら最良の医療を提供して社会に対する責任を果たすのが、「良医」の務めです。

今、日本の医学部・医科大学には、国際標準(グローバルスタンダード)に適合するよう医学教育の再構築が求められています。そこで、これまでも欧米の参加型臨床実習や編入学制度、海外留学などをいち早く導入して世界で通用する医師の養成に取り組んできた本学でも、さらなる改革を進めています。

そのひとつとして、良医が備えるべき6つのコンピテンス(能力)と41のコンピテンシー(具体的な到達目標)を定めて、卒業時の到達目標を明確にした「アウトカム基盤型教育(Outcome-Based Education)」を導入しました。新しいカリキュラムでは、学生自身が自分の学修到達度を確認できるよう6年間の随所にマイルストーンを設定していて、目標に向かって効率的な学修を進めることができるとともに、教員も重要課題を明確に認識して個々の学生に指導できるという大きな利点があります。また同時に、本学の多彩なカリキュラムは、現代社会における学生ならびに社会のニーズに必ずや応えることができるものと信じています。

こうした本学の取り組みは、学生各々が目指す医師像を在学中から明確にイメージさせてキャリア形成を促すものであり、卒業後の活躍のフィールドをさらに広げることにもつながっていくことでしょう。
6つのコンピテンス カリキュラムマップ(パフォーマンス・レベル)PDF
東海大学医学部 医学科・看護学科
Tokai University School of Medicine
Copyright © 東海大学医学部. All rights Reserved.