総合大学の利点を活かし、より多様化する社会のニーズに応えられる医療人の育成

東海大学医学部長
生体構造機能学 教授
坂部 貢
東海大学医学部医学科には「”科学とヒューマニズムの融和”の精神に則り、社会的役割を認識し、人に対する尊厳を忘れない人間性豊かな『良医』を育成する」という教育目標のもと、1988年に教育開発組織として設立された教育計画部が中心となって取り組んできた教育システムがあり、日本の医学教育へ大きな影響を与え続けているといえます。例えば、我が国初のクリニカルクラークシップ(診療参加型臨床実習)の導入をはじめ、充実した海外留学制度、模擬患者(SP)の活用によるPBL(問題解決型学習)、Advanced OSCE、スキル・クリニックの運営など、時代を先行した発想が創り出したものといえます。
さらに、他の医学系大学では類をみない、本学の斬新的な取り組みのひとつとして、大幅な編入学枠を設けていることがあげられ、入学後にさまざまな背景・文化を有する学生同士が互いに刺激し合いながら、社会性や人間性を磨ける環境を実現しています。
また、ハワイ大学医学部との教育連携による「ハワイ医学教育プログラム(HMEP=Hawaii Medical Education Program)」を導入し、グローバルスタンダードに則った北米式医学教育を本格的に導入したプログラムは日本初の取り組みとして、その成果に期待が集まっています。
そして、2018年4月、健康科学部看護学科が、本学の戦略的改組によって、医学部看護学科として新たな一歩を踏み出します。拡大する看護ニーズに対応するために、基礎的な医学知識の充実と看護の専門科目の連携を強化するとともに、今後はさらに医学看護連携教育体制を整備し、医療人として互いへの理解を深め、有機的なチーム医療を実現するためのカリキュラムを積極的に導入していく予定です。

今後、人工知能や情報通信といった領域からの積極的な介入によって、保健・医療はさらに先進化、多様化したニーズが高まると予測される中、本学は、総合大学であるスケールメリットを最大限に活かし、工学系、情報通信系の学部とも密接な連携を図り、保健・医療領域へ多大な貢献を果たせる医療人、そして世界の医療を支える人材の育成に努めていきます。


東海大学医学部 医学科・看護学科
Tokai University School of Medicine
Copyright © 東海大学医学部. All rights Reserved.