看護学科
SCOPE 1 充実したカリキュラムと学びの環境
看護の実践力は、人と関わる環境の中で学び、経験を重ねることで養うことができます。看護学科がある伊勢原キャンパス内には、最先端医療を提供する医学部付属病院があり、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士といったさまざまな職種が協働してチーム医療を展開しています。
病院実習では、講義や演習で学んできた知識と技術を基盤に、患者さんにどのような看護援助を提供していくかについて学びます。さらに、病院で働くさまざまな専門職への理解を深め、看護師がチームの中でどのような役割を担うかを学ぶ機会にもなります。また、実習の指導は、担当教員だけではなく、病院で働く看護スタッフも担当してくれるため、より具体的に看護実践力を学ぶことができます。主な実習先がキャンパス内の付属病院なので、実習中においても、気軽に同学年の友人たちと情報交換したり、図書館で勉強できるなどのメリットがあります。
東海大学
看護学科4年次(取材当時)
河内 彩音
大学と付属病院が隣接しているというキャンパス環境が、東海大学で看護を学びたいと思った一番大きな理由だったので、入学当初から、病院での実習をとても楽しみにしていました。3年次の本格的な病院実習の前には、患者さんの事例をもとに、入院から退院までの経過に沿って、どのような看護が必要かといったプロセスを、グループワークなどで丁寧に学ぶ機会が設けられているので、安心して実習に臨めます。小児看護実習では、乳児から思春期に至るまでさまざまな年齢の子どもたちの看護を、病棟や外来を廻りながら体験できたことが印象的でした。
キャンパス内に付属病院が
あるのが進学の決め手。
医療の現場で学ぶ貴重な経験
東海大学医学部 医学科・看護学科
Tokai University School of Medicine
Copyright © 東海大学医学部. All rights Reserved.