看護学科
SCOPE 1 充実したカリキュラムと学びの環境
看護学は人間の一生に沿って複数の分野に分かれています。成人看護学、老年看護学、在宅看護学、母性看護学、小児看護学、精神看護学の専門知識と技術を、講義と演習を通して学び、次のステップの病院実習へとつなげていきます。演習では、教員に加えて、キャンパス内にある医学部付属病院の第一線で働く看護師も参加するため、より医療の現場に即したスキル・技術を身につけることができます。
また、付属病院の看護師が指導に参加することで、病棟や外来での看護の内容や方法などを事前に学べるため、3年次後期からスタートする病院実習の際にスムーズに実習をスタートできる点も、東海大学の看護学科の特長といえるでしょう。
4年制だからこそ実現した、基礎分野科目や現代教養科目での履修や、保健師や養護教諭の資格取得に向けての学習、国際的視野の養成など、多くのメリットが、東海大学医学部看護学科にはあります。
カリキュラムの特徴
東海大学医学部 医学科・看護学科
Tokai University School of Medicine
Copyright © 東海大学医学部. All rights Reserved.