医学科
Pick up HMEP(ハワイ医学教育プログラム)

ハワイ大学医学部とのコラボレーション

東海大学医学部医学科の「ハワイ医学教育プログラム」(HMEP)は、ハワイ大学医学部とコラボレーションし、「日本の医学教育の水準を、世界に通用するレベルへとさらに高めていきたい」という熱き思いから、2016年4月に誕生しました。
その趣旨に賛同し、日本全国のみならず世界で活躍する医師や医療関係者が集結し、さまざまなテーマで展開するプログラムは、日本初の取り組みとして注目されています。
さらに、本プログラム参加者には、ハワイ大学医学部の協力のもと、4〜6年次の間に米国式臨床実習を受けられる環境を用意し(※)、卒業時点で米国の医師国家試験をパスできるスキルを身につけられるよう支援します。
(※参加者の中から選抜し、10〜20名の枠を予定)

他大学医学部生との交流を深める機会に

プログラムへの参加は学生の自由意志によるもので、「大学や教育施設の壁を越えての国際標準教育」という本学独自の概念を日本の医学教育へ提唱し、定着させることも目的にしており、他大学の医学生も参加できるスタイルも大きな特長の1つです。プログラムは講義だけではなく、グループワークスタイルも導入していることもあり、将来、医師になってからも共に高め合う仲間として、知識を共有したり、コミュニケーションを図れる貴重な機会となっています。
グループ討議の様子
実際にふれ合うことで、介助犬の活動を理解する
東海大学
医学科2年次(取材当時)
小島 大和
入学前は、6年間しっかり勉強して医師になることが目標で、海外での活躍といったことまで考える余裕は正直ありませんでした。HMEPは、そんな自分を大きく変えるきっかけになり、今ではUSMLEへの挑戦を見据え、英語のスキルアップに励んでいます。最初は、海外や他大学の著名な先生たちの講義が受けられるということで、何気なく受講したHMEPでしたが、毎回、ワクワクする講義内容に大いに刺激を受け、海外の医療現場のリアルな話や医師としてのさまざまな挑戦といった、これまで自分が考えていた「医師の仕事」の枠が大きく広がりました。そして、もっと海外を知りたい、海外での経験を積みたいと、本学で実施している、ハワイでの「英会話集中プログラム(Intencive English Program)」にも参加しました。東海大学医学部医学科では、海外留学制度や海外でのさまざまなプログラムがあるので、これからも可能な限り参加して、多くのことを学びたいと思っています。
海外に興味がなかった自分が
USMLEを目指す
きっかけとなったHMEP。
多くの刺激が
医師としての枠を広げる
東海大学医学部 医学科・看護学科
Tokai University School of Medicine
Copyright © 東海大学医学部. All rights Reserved.