医学科
SCOPE 1 医学基礎知識を培う
東海大学医学部医学科では疾患の構造や診断・治療までを一貫して理解することを目的に、講義と実習を組み合わせた統合型カリキュラムを導入し、より実践的な知識を身につけられるよう配慮しています。
医学の基礎知識の修得は、1年次後期からスタートします。人体の解剖を主体とする「人体構造学」を始め、常に最新情報を活用しなくてはならない「感染と防御」や疫学・統計学などといった、社会的ニーズの高い分野の専門知識・技術を修得する機会を数多く設けています。
医学の基礎知識は、情報の修得だけでは実際の医療に役立てることはできません。たとえば人体の血管や神経の名称を覚えたり、臓器の位置が分かっているだけでは、実際に病気の診断・治療をする際にそれらの知識を応用することは難しいでしょう。血管や神経を含めた臓器どうしの相互関係や正常機能を関連づけて理解することで、はじめて病気の診断・治療が可能になります。
東海大学
医学科2年次(取材当時)
ニーリー デヴン
医師として正確な診断を導き出すためには、まずは生体のメカニズムや原理をしっかりと理解することが大切だとわかっていても、入学当初は学ばなければならない専門知識の膨大な情報量に圧倒されました。このままでは、すべてを吸収するのは困難だと気づき、始めたのが自分流の学習スタイルの構築です。単に記憶するのではなく、情報を系統立てて図式化することによって、より深く、そして確実に学べることに気づきました。演習では、先生や研究員の皆さんの手厚い指導によって、なぜこの手順が必要なのかを理解した上で実験を進められるので、経験するだけでなく、確かな学びとして培われていく実感があります。
基礎医学をしっかりと
理解することから
医師への道が始まる
東海大学医学部 医学科・看護学科
Tokai University School of Medicine
Copyright © 東海大学医学部. All rights Reserved.