TOKAI UNIVERSITY 東海大学医学部 受験生の方へ 卒業生の方へ



教育領域情報 5学系/44領域の一覧

臨床研修医学研究科付属病院東海医学会東海大学健康科学部受験生応援サイト
学部案内
学部長メッセージ

年報・沿革

教育に関する規則
教育
教育体制

カリキュラム
研究
先端医学研究

採択事業
TOKAI SPIRIT

地域医療との連携

国際交流

スキル・クリニック

卒後の進路

キャンパスライフ

入試情報

オープンキャンパス

進学相談会(各地方開催)

LINK

医の倫理委員会

東海大学特定認定再生医療等委員会

教員・医師評価 学内専用

お問い合わせ・資料請求

アクセスマップ

ご利用案内

教育体制 教育開発組織としての役割を担う「教育計画部」を中心に先進的な医学教育を推進
東海大学医学部では、1988年に教育開発組織として設立された教育計画部が中心となって教育改革を推進しています。「”科学とヒューマニズムの融和”の精神のもとで、社会的役割を認識し、人に対する尊厳を忘れない人間性豊かな『良医』を育成する」という教育目標のもと、様々な先進的な取り組みを行っています。

我が国初のクリニカルクラークシップ(診療参加型臨床実習)の導入をはじめ、海外留学制度、模擬患者(SP)の活用によるPBL(問題解決型学習)、Advanced OSCE、スキル・クリニックの運営といった本学の取り組みは、時代を先行した発想が創り出したものといえます。

さらに、他の医学系大学では類をみない、本学の斬新的な取り組みのひとつとして、大幅な編入学枠を設けていることがあげられ、入学後に様々な背景・文化を有する学生同士が互いに刺激し合いながら、社会性や人間性を磨ける環境を実現しています。

現在、世界では医学教育の質の保証(グローバルスタンダード)が求められています。その背景には、世界中で医学部新設が急激に進んでいることから、利益重視の質の悪い医学部の出現が懸念されていることなどがあります。東海大学医学部では、医学教育の質を保証し、患者の安全を守るために、さらなる改革を実行しています。

そのひとつが2016年度より新たに開始した、ハワイ大学医学部との教育連携による「ハワイ医学教育プログラム(HMEP=Hawaii Medical Education Program)」で、グローバルスタンダードに則った北米式医学教育を本格的に導入したこのプログラムは、日本初の取り組みとして、その成果に期待が集まっています。

教育計画部 部長
川田 浩志 教授

米国で臨床研修経験を持つ医師を講師として迎え、1〜4年次の学生を対象に実践的な医学英語などの授業を日英両語で開講します。さらに4年次後期には、受講した学生の中から10〜20名程度の学生を選抜し、ハワイ大学医学部における臨床実習準備教育プログラム(HCCPP=Hawaii Clinical Clerkship Preparation Program)を2カ月程度受講します。HCCPP修了者は、5年次のクリニカルクラークシップ実施期間内に、ハワイ大学医学部が準備・提携する日本国内で米国式臨床研修を実施している病院において米国式臨床実習を行います。 HMEPは、いわゆるグローバル・スタンダードな医学教育を日本国内で実践するものであり、国際基準で医師を養成することにより、日本の医学・医療のさらなる発展・充実を目指すものです。また、HMEP修了者には、米国医師資格の取得も期待されます。

本学医学部カリキュラムの流れとHMEPの概要

このページのトップへ

東海大学医学部 伊勢原キャンパス 〒259-1193 神奈川県伊勢原市下糟屋143 Tel.0463-93-1121(代)
Copyright (C) Tokai University School of Medicine