東海大学大学院 医学研究科

受験を希望される方へ 入試情報

大学院在学生向け

教職員向け

臨床研修部医学部付属病院東海大学

伊勢原図書館総合医学研究所伊勢原キャンパス

研究科長メッセージ

教育目標・沿革

教育体制

先端医科学専攻(博士)

医科学専攻(修士)

学費・奨学金・支援制度
文部科学省 採択事業 がんプロフェッショナル養成プラン 各専門領域の知識・技術を集結し がん医療の未来を拓く エキスパートを育成

総合臨床研究センター

再生医学センター

がん幹細胞研究センター

脳・神経疾患研究センター

ライフケアセンター

代謝疾患研究センター

マトリックス医学生物学センター

分子環境予防医学センター

ゲノム多様性解析センター

疾患モデル基礎研究センター

採択事業

がんプロフェッショナル養成プラン



私立大学戦略的研究基盤形成支援事業(2015年度)



私立大学戦略的研究基盤形成支援事業(2012年度)



科学技術振興調整費採択事業



採択事業実績

Q&A

Link



医の倫理委員会



The Tokai Journal of Experimental and Clinical Medicine




お問い合わせ・資料請求

アクセスマップ

ご利用案内

代表者 持田 譲治 教授
 
近年、我が国の悪性腫瘍の罹患は国民の約半数に及び、過去20年間の死因の第一位を占めています。このような状況の中、厚生労働省は2007年に『がん対策基本法』を制定し、また文部科学省による『がんプロフェッショナル養成プラン』は時期を同じくして施策されました。 東海大学では2007年より『南関東圏における先端的がん専門医の養成-患者中心のチーム医療を牽引する人材養成の拠点づくり-』というテーマで、他大学との共同事業を継続し、5年間で大きな実績を残してきました。今回、次期『がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン』として、プログラム名「高度がん医療開発を先導する専門家の養成」(慶應義塾大学を主幹とする10大学で構成)を共同申請し、採用され、平成24年4月からこのプログラムを開始しています。

この重点項目における東海大学の役割分担は、1)がんTR研究者養成コースを開設し、分子標的の探索、細胞治療、バイオマーカー探索、個別患者の遺伝子特性に応じた創薬、治験等を実行できる人材を育成する。2)がんCRC養成コースを開設し、新規がん治療薬の治験、がん治療の臨床試験に特化したCRCを育成する。3)放射線治療コースを開設する。国際連携として、米国Fred Hutchinsonがん研究所(FHCRC)、Dana Farberがん研究所、Vanderbilt大学がんセンター、英国Oxford大学との共同研究を行う。また研究者の倫理教育のためのe-learningによる共通教育プログラムを提供することなどです。

次世代のがんの個別化医療実現のために必要な人材を養成し、効率の良いがん医療を推進することが目的ですが、がん拠点病院である東海大学付属病院でのがんの集学的治療を実際に学びながら、研究マインドを持った専門医を養成する東海大学大学院のがんプロフェッショナルコースに多くの方が参加されることを期待しています。


Link>がんTR研究者養成コース・がんCRC養成コース

Link>医学物理士養成コース(修士課程)

Link>最先端放射線治療コース(インテンシブ)

Link>共同事業体ホームページ

Link>共同事業体ホームページ

Link>筑波大学 e-learningクラウド
 
  ▲このページのトップへ
東海大学大学院 医学研究科 伊勢原キャンパス 〒259-1193 神奈川県伊勢原市下糟屋143 Tel.0463-93-1121(代)
Copyright (C) Tokai University, Graduate School of Medicine.